明るくたのしいみんなの

  • ホーム
  • エー.ティ.エムブログ
  • アラサーな私が正社員で働きながら自律神経失調症になった際の症状と、復職しつつ少しだけ変わったこと~なんとなく思い当たる発症したきっかけと性格と考え方の伏線回収~

アラサーな私が正社員で働きながら自律神経失調症になった際の症状と、復職しつつ少しだけ変わったこと~なんとなく思い当たる発症したきっかけと性格と考え方の伏線回収~

2022.05.13

松本、ブログで連載します

主人公の「自律神経失調症ちゃん」が幼馴染みで双子の「交感神経くん」「副交感神経くんに」振り回されるドタバタ神経系ラブコメディ♡ ちょっぴり強引な交感神経くんと優しい副交感神経くん、あなたはどちらが好み??

嘘です。無理です。

4月に下書きしたのでエイプリルフール的な調子に乗りましたテヘペロなのです。

仕切り直してどうもこんにちは!

最近はSNS(Twitterアカウント)で「まっちゃん」と名前が通り始めた松本です。

\ 前回ブログへはコチラをクリック /

https://atm.gr.jp/blog/iwakunicastle_matsumoto/

春になり、Twitterでも「適応障害」に関する事柄がトレンドにあがっていましたね…

実は私、「適応障害」になったことはないのですが、

過去に自律神経失調症に悩まされたことがあるのです…!!

でもさ、でもさですよ?

・自律神経失調症

・パニック障害

・適応障害

・うつ病

……正直何が何だか分からなくないですか??

一般的に言われていることからすると、「パニック障害」「適応障害」「うつ病」はれっきとした病名をもつ病気です。

いわば心の病気として認められている病気なのです。

しかし「自律神経失調症」は、どこにも当てはまらない病名のないただの症状をもつ風邪のようなものなのです。

なんか気持ち悪いしお腹痛いけどなんも異常のない胃腸炎みたいな分類(?)なのですよ。

自律神経失調症ってなんなの?

自律神経失調症とは、「交感神経」と「副交感神経」が乱れることにより心身に様々な症状を引き起こす現象のことを言います。

しかしそれはどの病名にも分類されず、といいますか…

分類できないけど、症状が明らかに出ているときに下される病名(仮)といった感じでしょうか?(「自律神経失調症」というのは正式な病名ではないので(仮)となります。)

人によって症状は大きく違います。

自律神経失調症から発展してうつ病を併発したり、私のようにそこまではいかずにダラダラと気分の浮き沈みを繰り返しつつ良くなったりならなかったりと本当に個人差があります。

例えば、私が一番に「あ、やべぇなコレ」と感じた出来事は「過呼吸」と「パニック発作」です。

これらは基本的に「不安」からくるもので、動悸が激しくなったり脂汗をかいて手が震えてたりジッとしていられなくなったり…あとは冗談ではなく「あ、死にそう」と思うのです。

最近では芸能人の方々も「適応障害」や「パニック障害」で活動を休止したり、引退したりとありますよね。

私からすると「逃げられない」と感じる空間にいると症状が出やすくなるので、そういった病気を抱えながら芸能活動をしている方々って本当にプロ根性でやってきたんだなと感服いたす限りです…

私が初めて過呼吸になったのは中学時代、単に受験のプレッシャー。

初めてパニック発作を起こしたのは3年ほど前、電車内での出来事でした。

電車内でパニック発作になったときはもう何が何だかわかりませんでした。

症状は先に書いたものと変わりありません。

いつもと同じように電車に乗っているときに突然お腹が痛くなり、吐き気がしました。

それでも快速であと、2駅だからと堪えていたのですが動悸手の震えソワソワするようなジッとしていられない感覚に堪えられず、このままでは電車車両内で嘔吐してしまいそうだと思い途中で電車を降りました。

私は幸い、電車を途中下車しても大丈夫なくらいの時間には出社する人間なので遅刻こそしませんでしたが…

その日からエチケット袋を持ち歩くようになりました

恐らくお察しいただけたと思いますが、

私はその瞬間から「体調が悪い時に電車に乗る」というのが、一つ不安のトリガーとなっていたのです。

でもね、私はあくまでも自律神経失調症なんです。

確立された病名ではないんです。

でもねでもね、胃腸不良や抑うつ状態、めまいや頭痛なのどの心身の症状はこれまた確実に出ているのです。

人それぞれという話をしていましたが…
私の場合は不安症と胃腸不良と頭痛めまいに加え、抑うつ感が激しく出ました。

私が体験した自律神経失調症

さて、やっと前置きが終わりました。

「私が体験した」自律神経失調症について書いていきましょうか。

我ながら毎度前置きが長いなと感じているのですが…

喋りたいのですよ!!!!!

読んで!!本題まで長くても伏線回収しますから!!!

とりあえず、ダラダラと書くのも難しく暗くなっていくだけなので、せっかく少女漫画風扉絵を描いたアレを有効活用しましょう。

●夜眠れない&寝ても1時間とか30分ごとに目が覚める

夜寝る際は本来リラックス状態で副交感神経くんが働いてくれます。しかし、自律神経が乱れている私にはここで交感神経くんが現れ

今夜は寝かせねぇよ

と寝かせてくれなくなるのです。いつもなら副交感神経くんとLINE電話しながら……

もう寝なよ、おやすみ。

と言ってもらって寝ているのですが、交感神経くんが出しゃばると寝かせてくれない…強引な彼なのです……

●下痢と便秘を繰り返す&覚えのない吐き気

「過敏性腸症候群」ってご存知でしょうか?こちらも実は自律神経が関係してきます。

一般的に「副交感神経」が働いていると胃腸が活発に動き「交感神経」が働いているときは抑制される

主にストレスなどによりこのバランスが乱れてしまい、下痢や便秘、膨満感や吐き気等を感じるようになってしまうのが「過敏性腸症候群」です。

もちろん私もこの症状が出ていました。はじめは覚えのない吐き気に「昨日飲みすぎたのかな?」なんて思っていたのですが、休肝日を設けても変わらない……

 

これ実はストレスにより「交感神経くん」のツン強めのツンデレ攻撃を受けています。

うっ…お腹痛っ……

おい、大丈夫かよ。ほら、保健室いくぞ。

※【お詫び】間に合いませんでした。下書きで申し訳ありません。

保健室に連れていく前に今出しゃばるのやめて交感神経くん…

ちなみに一応経鼻で胃カメラを飲んで胃に異常がないか調べたのですが

最後診てもらった先生に「いやぁ…お上手でした。初めてとは思えません。カメラを飲みながらまともに会話ができるだなんて」とお褒めの言葉をいただいた松本。「いやいや先生がお上手なんでしょ~」と返したという小話置いときます。

●朝起きた瞬間のめまいと気だるさ(無気力寝たきり状態)

朝アラームで目が覚めますよね。私は昔から朝が弱いのでアラーム三重かけ派なのですが、朝起き上がれない。

これは本当に不思議なのですが、アラームを切って起きようと思いながらそのまま気絶したように眠っているのです。

そういう日はもうアウト!!一日中何もする気が起きないしなんなら寝たきり状態。

これは完全に「副交感神経くん」の束縛です。立ち上がればめまいでまともに歩くこともできません。

身体だるいの?ちゃんと寝てなよ。
それとも添い寝しに行こうか?

※【お詫び】間に合いませんでした。下書きの下書きで申し訳ありません。

てな具合に私をベッドから離してくれない…そんなのいいから君は学校に行きなさい。

●激しい動悸と続く微熱

「やばい、電車に間に合わない!走れ!動け私の足!!」ってこと、たまにありませんか?

あの後とんでもなく心臓がバクバクしますよね?

何もしなくてもそれが起きます。突然激しく鼓動が胸を打ち付けます。

そして1ヵ月程微熱が続きました。

外に熱を発散させることが出来ず、内に熱がこもることで発熱するそうです。

これは「交感神経くん」のせいです。彼が私をそうさせるのです。

なんだかドキドキする……
それに心なしか顔が熱い。
私まさかっ……!!

はいそうです、自律神経失調症ですね。ある意味恋煩いより厄介です。

※【お詫び】間に合いませんでした。ほぼほぼラフ画で申し訳ありません。

●抑うつ感

このような感じで体に不調が出れば心にも不調は現れます。

「何もしたくない」「私なんて…」「私にできることってなんなの」「私なんかには何もできない」朝から負のループにドはまりします。

朝起きるのが怖くなって「また起きられなかったらどうしよう」「また吐き気がしたらどうしよう」不安が尽きなくなります。休日は予定を入れて遊びに出ていた私も、段々と休日は寝て過ごすようになりました。

休職中と復職に向けて

そんなこんなしているある日、久々に通勤中の電車でパニック発作が起きてドクターストップからの休職となりました。

そう、あの体調が悪い時に電車に乗ると…という「不安トリガー」が発動してしまったのです

突然の休職に何の準備もしておらずとりあえず休みはするけど…

やはりはじめは

「私なんかが休んで申し訳ない」

「会社に迷惑をかけている」

「私なんていない方がいい。辞めなきゃ。」

こんなことばかり考えていました。

外に出たくないし、趣味に没頭することもなくただただボーっとしているだけであっという間に1ヵ月が過ぎていく…

めっちゃ暗いでしょ?驚きでしょ??私もそう思う。

やっと毎日なるべく外に出ようちゃんとご飯を食べようちょっとゲームをしようと思い始めたのは2ヵ月経った頃からです。

そこからは復職に向けて生活リズムを整えようと、色々と考えることが出来ました。

簡単に書いていますが、そこに至るまでにはあらゆる葛藤がありましたよ。

「完全に自信を失っている状態」になっていたので自分のすべてが許せない。

休職している、動けない、家事ができない、涙が止まらない、全て投げ出してしまいたかった。
それはもう今流行っている「転生もの」みたく、私も「転生したら○○だった件」とか「転生したらチートなんたら」みたいになりてぇ…とか思ってましたよ「転生もの」読んだことありませんが。

それでもなんとか「復職しよう」と思えたのは、職場の方々からかけていただいた言葉であったり、家族の支えで合ったり…あとは開き直りでしょうか?

ちょっとだけど心境の変化

このような症状を発症する人の特徴は

・真面目

・完璧主義

・責任感が強い

などなど挙げられますが、私は少し違うなと思っています。

私は初回ブログでも書いていましたが…

人の目をとても気にします!!!

\ ちなみにコチラが初回ブログです /

https://atm.gr.jp/blog/2022_02_09_matsumoto/

それすなわち私は見栄っ張りなのです!!

復職をしつつその辺りをいい方向で諦めていけたことがあり、少し気持ちが楽になりました。

新人なんだからこうじゃないと

これを頼まれたんだからここまでやって帰らないと

今まではそうやって自分で自分の首を絞めていました……

そりゃしんどいって!

全部が全部変わった訳じゃありませんが、この点に関しては「まあ、人間だもの」くらいには考えられるようになったんじゃないでしょうか?

私の場合は「不摂生と見栄っ張り」から始まった自律神経失調症でしたが、そのうち「交感神経くん」とも「副交感神経くん」とも和解して自律神経と仲良くなりたいと切に願っておりました。

……あれ?二股じゃん??

まあ、いっか。彼らは二人で一つなんだし!!修二と彰じゃん?青春アミーゴじゃん!?

今回は少しガラにもなく真面目な話をしてしまいましたが……

B’zだって私が大好きなQUEENだって、ハードロックの後にバラード出したりするしそんな感じ。 

心の風邪は、一度ひいてしまうと下手すればなかなか治らず長いお付き合いになります。目に見えない分治ったと思ったら治ってなくて悪化した、そんなこともあります。

なので!!!

皆さんも身体も心も健康に過ごせるよう、無理なく楽しいと思える生活を送りましょう!
「今絶賛悩み中」という方は……楽しいと思い込む、笑顔で過ごしてみる、明るい内容の文字を綴る、とか…
例えばだけど、そうしてみるだけでもほんの少し元気になるかもしれないので試してみてくださいね!!

私もまだまだ油断をすればどうなるか分かりません。
私と一緒に頑張りすぎないよう、自分のキャパを知れるよう、ひとつずつ乗り越えていきましょう

今回もお付き合いいただきありがとうございました。
未完成分の絵はいずれ……更新したらお知らせいたします!!

それではまた来月お会いしましょう♡

END

Twitterのフォローもよろしくお願いします!