明るくたのしいみんなの

  • ホーム
  • エー.ティ.エムブログ
  • 女性でも意外と知らない!?月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)、生理中のしんどさ。~「それ、おかしいよ。病院に行った方がいい。」と言われるまで気づかなかった共働き夫婦正社員で働く私の場合~

女性でも意外と知らない!?月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)、生理中のしんどさ。~「それ、おかしいよ。病院に行った方がいい。」と言われるまで気づかなかった共働き夫婦正社員で働く私の場合~

2022.06.08

皆さん、お待たせいたしました。みんな大好きまっちゃんです。一ヵ月ぶりですね!

\ 前回ブログへはコチラから /

https://atm.gr.jp/blog/autonomic-imbalance_matsumoto/

自律神経失調症 アイキャッチ

前回は私が経験した「自律神経失調症」についてものすごく真面目な話を書きましたが、せっかくなので今回も少し真面目攻めしていこうと思います。

誰しも一度は

月経前症候群(PMS)

という女性特有の体の不調を耳にしたことがあると思います。(以下、PMSとのみ表記します。)

しかし説明しないのも意地悪ですよね?
私は優しいのでそんなことはしません。「聞いたことあるけどよくわからん。」そんな方も多くいらっしゃると思います。

PMSとは、、、
PMS(月経前症候群)とは、Premenstual Syndrome の略で、生理3~10日位前に始まる、さまざまな精神的・身体的な不調のことです。
【 引用:https://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/white/white_pms.html

生理の3~10日前?どんな不調??結局どういうこと??

となりますよね?詳しいことは後に記していくとしましょう。

月経前不快気分障害(PMDD)

こちらはまだ、馴染みのない方も多いのではないでしょうか?(以下、PMDDとのみ表記します。)

PMDDとは、、、
PMSの諸症状のうち、イライラ」や「気分の落ち込み」「不安」「怒りっぽくなる」といった精神症状が主体で強いなら「月経前不快気分障害(Premenstrual Dysphoric Disorder)」が疑われます。この名称がついたのは1994年と比較的新しく、2013年に「抑うつ症状群」の一つと捉えられるようになっています。
【 引用:https://www.otsuka.co.jp/pms-lab/about/pms_pmdd.html

始めにネタバレしておきますが、この月経に関わってくる「女性ホルモン」ですが

「自律神経」のいとこか何かみたいな近しい立ち位置におります。

前回ブログの「自律神経失調症ちゃん」は三角関係ではなく四角関係、いや、逆ハーレムな乙女ゲーム状態だった可能性があるのです…!

ってなことで無駄に凝り性な松本の謎の特技をドーン!!!!

\ 新キャラクター女性ホルモンくん! /

女性ホルモンくん

※ちょっと感覚を取り戻してきた&慣れてきました

まず月経とは何だろう?

月経を経験している女性方でも「月経って何?」と聞かれると少し考えませんか?
単純に言ってしまえば「約月に一回、子宮内膜が剥がれ落ち膣から排出される」それが月経です。

自分で書きながら思ったのですが…

「子宮内膜が剥がれ落ちる」

って改めて聞くとめっちゃ痛くないですか??

そりゃお腹痛くなるわ。腰も痛くなるわ。

月経は平均25~38週期。

月経期・卵胞期・排卵期・黄体期

1週期が上記の4つに分けられて月経周期と呼びます。

それぞれの時期のホルモンが、脳下垂体からの指令によりバランスを保ちながら排卵から月経or妊娠まで、女性の身体へ変化をもたらしていきます。

月経周解説

卵胞期に卵子を成熟させ、排卵期に文字通り卵巣から卵子が排卵される。そのまま卵子は卵管を通り子宮へと向かいます。

一方子宮は卵子がやって来ているその頃…

黄体期に妊娠するための準備として、子宮内膜がクッションのように分厚くなり受精卵がやってくる待機中!

卵子が受精卵であり、かつ着床すれば妊娠の成立。
そうでなければせっかくのクッションが「剥がれ落ち(やっぱ痛い!)」月経期が到来。

こっそり大声で言いたいのですが…

やはり妊娠は神秘っっ!!!!

ちなみに上記画像の(しんどくなってくる)等は私の感覚ですが、PMSを感じている方は大体が同じような感覚ではないでしょうか?

特に黄体期は体温も高くなり、身体がむくみます。

ここで「基礎体温」という言葉を出しかけましたが、これについても書いてしまうとまた一つ難しくなっていくので省いちゃいましょう!(興味がある方は下記URLへどうぞ♡)

基礎体温とは【 https://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/shittemiyo/body02.html

私が抱えるPMSと考えるPSDD

はい、ということで本題!

前回より200字ほどは前置きが短かった!!たぶん!!

でもね、ごめんなさい……

本題の最終前置きをします!!!

始めに書いた「女性ホルモン」が自律神経のいとこか何かみたいな関係というお話。
女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二種類があります。

「エストロゲン」は自律神経を活性させるホルモンであり、この子が乱れると自律神経が乱れてしまうのです。

彼女にお前らは勿体ないよ

はぁ?何言ってんだテメ

まあまあ、言わせておきなよ。俺が一番ふさわしいことに変わりはないんだしさ

まじでみんな仲良くして。私のために争わないで。

逆に自律神経が乱れていると、女性ホルモンのバランスを乱してしまう……

うっ…

おい、調子悪いのか?顔色悪いぞ

今度は俺が保健室に連れて行ってあげるね。こないだは抜け駆けされたから

お前ら邪魔だよ、どいてくれるかな?
僕ならキミをそんな風に苦しめたりしない。お手をどうぞ、お姫様

……いや、まあまあ落ち着け!!!??

ま、そんな感じで「自律神経」と「女性ホルモン」は深く結びついているのですてへぺろ。

なので!!!

ストレスを溜めて自律神経を乱しがちな方は、PMSやPMDDが強く出やすいのではないかと思います。

私はPMSとしてよく症状が出るのが、、、

・お腹と胸のハリと痛み

・腰の痛み

・頭痛

・胃腸不良(吐き気も含む)

・むくみ

・食欲不振or暴食

・イライラ

・強い眠気

・抑うつ感

・体がだるい

etc…

今考えただけでもこんなに浮かびます。
PMDDに関しては、私は診断をされたことがありません。
しかし月経前になると

・いつもはイライラしないことにでもイライラする
・そんな自分にイライラして自己嫌悪からの抑うつ感

「そうなんじゃないかな?」と疑ったことは多々あります。
しかしその頃は自律神経失調症で病院に通っていたので、自律神経がそうさせているのだと思いPMDDのことは調べてセルフチェックをして終わってしまっていました。

なんで皆仲良くできないかなぁ…

分かる。本当にそう思うよ。
じゃあよ、仲良くさせるために自分でできることやってみよう!

私が行っているPMSの症状の緩和策

・普段からちょっと暑いくらいの格好で過ごす

「オシャレは我慢」

わかります。しかし私は5年前は出していた踝(くるぶし)を今は出さない。

身体の冷えは踝からくる!!!!

とまでは言いませんが、足の冷えは全身を冷やします。5月中頃、執筆した時期の松本の足元は80デニールのベージュタイツ。

お気に入りはtabioさんの80デニールタイツで・す・が・今は80デニールのベージュはないようです…

tabioさんの商品ページ【 https://tabio.com/jp/detail/011900065/

tabioさんのタイツ

画像のものは30デニール。

80デニールベージュタイツは店舗でも売り切れるくらいにバズっておりました。

私が就活の時に出会っていたらなぁ……

60デニール、30デニールも履いておりますが、色々なベージュ系カラーがあり、自分の肌馴染みに合わせて履けるのがとてもありがたいです!

tabioさんいつもお世話になってます、ありがとうございます!!

・お腹や腰が痛い時は温める

ぶっちゃけ松本は年中腹巻をしています。

日中も薄手のものであれば着ぶくれしません。

普段から腹巻をしたり、白湯を飲んだりしてお腹に気を遣ってはいますが…月経前にはどうしても痛くなるのです。
私は貼るカイロがあまり好きではないので…
「めぐりズム 蒸気の温熱シート 肌に直接貼るタイプ」を愛用しております。常に持ち歩いています。

花王さんの商品ページ【 https://www.kao.com/jp/products/megrhythm/4901301236876/

めぐリズム蒸気の温熱シート

月経週間前から月経開始3日目くらいまで貼っています。
真夏でもです。

あまり貼りすぎると敏感肌の方はかゆくなることも考えられます。
そういった際には
https://www.kao.com/jp/products/megrhythm/4901301245496/
上記リンクの「ショーツに貼るタイプ」をお勧めします!

意外とお腹って冷えてます。
お風呂入る前なんかにお腹に手を当ててみて下さい…ひんやりしてる方は要注意!

・生活習慣を整える

最終的に全てはこれにたどり着くのです。
食生活を整え、自分に合った睡眠をとり、リラックスする時間を設け、適度な運動をして、特に月経開始1週間前はストレスを溜めない!!!お酒とコーヒーは控える!!!

これが一番難しい!
だけれども、一番の近道は「生活習慣を整える」これなのですきっと。

おい、起きてる間は俺のことだけ考えてろよ。

じゃあさ、寝てる時くらい俺のことも思い出してね。

キミが楽しそうに笑ってるのが一番だよ。僕にも見せてくれないかな?

ほら!仲直りしたじゃん!!(半ば強引)

私がPMSの症状緩和に気を付ける理由

まだ飲食時代だった頃の私の話、月経を理由に欠勤が多いバイトの子がいました。
意外と女性の方が月経を理由に休むことに関して厳しいことを言う人がいるというのが私の感覚。

「自律神経失調症」の際もそうでしたが、PMSやPMDDも人それぞれの症状があったり無かったりする訳です。
私は
「まあ、PMSキツいんでしょう。私も生理の前とか吐きながら仕事してるし、生理中は鉄分のドリンク飲んで何とか耐えてるから分かりますよ。」
と返したらどよめくパートさんたち……

「それはおかしい!病院行きや!子ども産めんなったらどないすんの!」

半分オカンに怒られるように怒られたのでちゃんと婦人科にかかってみました。
特に異常もなかったので通院することはありませんでしたが、今でも年に一回は婦人科に行くように気を付けています。

痛さやしんどさというものは自分では「当たり前」だと思っているので、人に言ってもらわなければ分からないものなのです。

月経前・中・後の自分との付き合い方

うちの両親の話をしましょう。
母は昔から月経前になると特に父に対してイライラが凄く、よく怒っていました。
しかし父は「オカン、生理前やからな」と笑っているのです。
母も「生理前やねん!」と言いながら怒っています。

私の両親は「生理前だから仕方ない」とお互いに割り切っているみたいです

(オトンたまにかわいそうだけど…)

私も夫に試してみました。しかし

「なんで毎月あるもんを俺ばっかり我慢せなあかんねん」(結婚初期)

!!!!逆 効 果 っ !!!!

我が夫婦では上手くいかなかったのでこの手はやめて、「しんどい時やイライラするときは寝る」に移行しました。

上手くいったよ!!

狙っていたわけではないのですが、寝に行くようになったことで「あ、しんどいんだ」と理解してくれたようで…
洗濯物を干してくれたり、ごみ捨てに行ってくれたり、雑炊作ってくれたり色々としてくれるようになりました。

雑炊の写真は無かったので代わりに作ってもらった親子丼載せときます。

旦那作親子丼

PMSやPMDDを改善するためには

「生活習慣を整えるのが恐らく一番の近道」

とは言ったものの、薬を処方してもらうという手も勿論あります。

私は姉に相談した際に

「あたしは低用量ピル合わんかったから、体質似とるあんたもやめといた方がいいかも~」

と言われたので漢方を飲んでいました。

(ちなみに低用量ピルとは【 https://smaluna.com/qa/2101/ 】)

しかし正直変わらない

合う合わないがあるのだとは思います。
私の根本の原因はストレスと冷えにあると思っていたので、そこを取り除かないと前には進まないようでした。

とはいえ、私の姉や私の友達は「漢方が効いた」ようなので、悩んでいる方がいれば試してみて下さい!

ちなみに私が試した漢方は2つです。
【ツムラさんHP▷▶▷https://www.tsumura.co.jp/index.html

ツムラ当帰芍薬散

1つ目は
「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」
https://www.tsumura.co.jp/products/g_medical/item/023.pdf

月経前に様々な痛みを感じることを相談した際に処方してもらいました。

味は普通!においも普通!!飲みやすいです!

ツムラ加味逍遥散

2つ目は
「加味逍遥散(カミショウヨウサン)」
https://www.tsumura.co.jp/products/g_medical/order4/index.html

月経前に情緒不安定になることを相談した際に処方してもらいました。

こちらも味は普通!においも普通!!飲みやすいです!

正社員で働く責任感というものの
難しいところ

夫婦共働きが当たり前になっているこの世の中、生理休暇が設けられたりPMSやPMDDといった症状が注目されるようになったりと確実に変化していっています。

私もいまだに、何か月かに一度は身体が動かなかったり吐き気が酷かったりとPMSに振り回されています。

こんなに気を付けてるのに!!!

冷え対策をしっかりしてお腹を温める、イライラするときは寝る、落ち込みが激しい時は面白いアニメを見る、そんな風に過ごしていても

やっぱダメな時はダメ。

悔しいけど…認めましょう、ダメな日もあると。

本当に自分の身体を知るって本当に難しい。

それでも向き合わなければならないので、私はチラッと書いた「基礎体温」を測り始め、一緒にその日の気分と体調の記録をつけるようにし始めてみました。
まだまだデータが足りないので「なんでこの月はしんどかったんだろう?」といった分析は出来ていませんが、「今日の私は気分が落ち込んでいた」等々理解するだけでもかなり気持ちが変わってきます。

ちなみに私が使っているのは有名なルナルナさんのアプリです!
https://sp.lnln.jp/brand

その辺りは自律神経失調症と似ているところがありますね!
経験が生かされています!!

PMSや月経痛が辛くて仕事を休むのは甘えだ。

そう思ってしまう部分は私の中にもやはりあります。
なぜなら、それを感じない女性や男性はそういった理由で休むことは無いのだから。

ただね、前回のブログでも書いたけど「こういった考え方」で苦しむのは自分。
もっと自分に優しくなろうって書きながら今改めて思いました!

だって子宮内膜が剥がれ落ちてるんだからそりゃ痛いって!!(たぶん3回目)

しかし、「PMS(月経痛)が酷いので休みます」を病院に相談せず、何の対策もせず、それで通してしまうのは少し「ハテナ?」なので、不安のある方はとりあえず身近な人に相談してみましょう!

勇気いるけどね!

特に男性ばかりの職場で働いていると悩みも多いものです…しんどい理由を言えないとかもあるでしょう。

私もなかなか理由を言えずもどかしい時期を過ごしていましたが、飲食時代に「もしかして女性特有のしんどさで悩んでない?」と言いにくそうに聞いてくれた男性店長がいました。

当時は店長に後光がさしているように見えましたよ

それでもやっぱり悩んでるけど相談できない、そんな時は「真面目なのかふざけてるのかこんなこと書いてる人いたな」とここに戻ってきてください。
なにか力になれるかも!分からんけど!!

【 参考にさせていただいたサイト様一覧 】

https://www.otsuka.co.jp/pms-lab/about/pms.html#:~:text=PMS%E3%81%AF%E3%80%81Premenstrual%20Syndrome%E3%81%AE,%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

https://www.otsuka.co.jp/pms-lab/check/

https://pms-navi.jp/

ブログを書くにあたり参考にさせていただきました。ありがとうございました!

ちょっとしたメイキング動画作成してみましたよ!
Twitterにもアップしてみたものですが、評判が良かったので見てみて下さい~!!

それでは今回も真面目なお話バージョンの松本でお届けしました!

また来月お会いしましょう~

END

 
Twitterのフォローもよろしくお願いします!